死の淵から光へ向かって

境界性人格障害を核とした「人格障害」と向き合って10年近く、自傷行為の傷も治療を続けて4年。 また、糖尿病、水中毒も抱えて会社を長期欠勤状態。。 収入も少なく、治療を中断しているものもあります。 頼る人もなく、何とか生きている状態です。。

私が憎しみという感情と共に生きるようになったのは、恐らく中学生の頃だと思います。 私から見たら「いわれのないこと」で、身内たちから母と私はバッシングを受け、あまりにも身勝手な大人たちの行った行為を知ってしまったからです。。 知らないほうがいいことって、本当 …

↑このページのトップヘ