ブログネタ
日記 に参加中!
今は久しぶりになる喫茶店の店内にいます。
紅茶専門店なのですが、傍らにはアイスコーヒー、手はノートパソコンのキーボードに触れています。
いつもならサスペンスの再放送を観ている時間なのですが、暖かいのでお出かけしています。
窓の外には私の赤いスクーターが停まっています。。

こんな日は何処か遠出をしてもいいのでしょうね。
でも、私にはまだ早いような気がします。
近所に出かける元気はあっても、まだそこまでの力はない。
そんな感じです。。

病気を受け入れるって、実はこんな感じではないかと思っています。
自分の理想像をあまり高いところに求めない。
等身大の自分でとりあえずは満足しておく。
普通に生きることの難しさを知り、決して無理はしない。
自分にふさわしい距離感で人と接する。
いつも心に置いていることです。

今日はいつもの休日とは少しだけ違っているように感じています。
散歩の帰り道、この喫茶店が空いているのを見て、買い物の帰りに少しだけ寄ってみようと思ったからです。
ここで小一時間過ごして、部屋に戻ろうかと思っています。

楽しいこと、もう暫く感じていません。
でも、気持ちは沈んでいません。
きっとそれは身近にあるんだ。
ただ今の私はそれを見つけられないだけなんだ。
そんなふうに思って、毎日の日課をこなしています。。

夜は淋しい、今でもそれは変わりません。。
だから夜の心は少し不安定です。
あの離婚話があってから、時折軽い鬱になる事もあります。。
対処する薬は持っていますが、出来るだけそれに頼らないようにしています。
ちょっとした心の変化、時が過ぎれば落ち着くもの、そう思うようにしています。。

穏やかに晴れた日は好きです。
スクーターに乗っているせいで、人よりも厚着になり、それを降りると少し汗ばんでしまう。
でも、それが心地いい。

休みの日は誰ともしゃべる事はありません。。
昔は言葉を忘れてしまうのではないかという恐怖にも襲われていました。
誰にも気づかれることなく朽ち果ててしまう自分を想像し、絶望していました。
その時から何も変わっていないのに、むしろもっと1人になろうとしているのに、そんな恐怖感はありません。。
何故なのだろう?
思う時があります。。

人は1人では生きていけない、よく人はそう言います。
1人でも生きられる、私は思います。。
勿論、こうなるまでに私は何人もの人の力を借りてきました。
だから1人ではなかったのです。
でも、1人でも生きられる。
天涯孤独な私はそう思わなければ生きてはいけません。。

生きること、それは難しいです。。
心に障害を持ち、少しだけ動かない体を持ち、自傷の傷跡を背負っていても、私は生きたいと思っています。
沢山笑って、沢山泣いて、沢山愛されて、沢山愛したい。。
そんな欲求が私の中にあります。。

淋しさはきっとそこから来ているのでしょう。
だから一つずつ解決されていけば、きっとそれは弱まっていくのでしょう。。
それにはまだ時間が足りない。
まだその時期ではない。
私はそう思っています。。

久しぶりに来た店内。
久しぶりに見る店員さん。
久しぶりに見る窓の外の風景。
妙な気分なのですが、懐かしさを感じます。
時が流れていきます。。
そろそろ部屋に帰ろうと思います。。