ブログネタ
日記 に参加中!
ついにこの日がやってきました。
朝のニュース番組から浮かれ気味な調子です。
私が1年の中で嫌いな日のひとつ、それがクリスマスです。。

子供の頃、この日にいい思い出はありません。。
というよりも祝った記憶が無いのです。。
病弱で連れ合いをなくした母にはそういう余裕は無かったのでしょう。
だからプレゼントをもらった記憶もないのです。。

躁鬱を抱えて社会に出て、社会から外れるしか無かった日々でも、この日は辛かったです。
世の中から外れて情けないと思い続けてあの日々、こういう日は自分の情けなさを痛感させてくれました。
普通に生きられている人たちが羨ましく思いました。

1人で暮らす今、やはり自分の立場を痛感させてくれます。
この日は。。

この日に罪は無い、それは分かっています。。
それを祝う人にも罪は無い。。
ただ僻んでいるだけなのも分かっています。。
でも、気持ちは穏やかではありません。。
普通ではない自分を痛感してしまうからです。。

持てる者と持たざる者。
その心の格差は計り知れないものがあります。。
持てる者はそういうことを知らないでいいのだろうか?
そんな疑問を心は投げかけてきます。。
そんなに浮かれなくてもいいではないか。。
心の中にそんな痛みが走ります。。

持たざる者がつらいのならば、持てばいいではないか?
その努力はしていないのだろう?
そんな言葉が聞こえてくるような気がします。。
けれども、持たざる者が持とうとするとき、その努力は簡単ではありません。。
鬱の状態ではそれはかなり困難なものなのです。。

今、私はそれほど辛くはありません。。
けれども、持たざる者の痛みが伝わってくるような気がしているのです。。
心の痛みがなくなる日は本当に来るのだろうか?
私の中に疑問が走ります。。

そうはいっても、今日はクリスマスイブ。
世の中の流れは止められません。。
浮かれる世の中を斜に見て、今日が過ぎていくのを静観しよう。
そう思っています。。